ブラウザで動画変換 CloudConvertの使い方

cloudconvert1

https://cloudconvert.com

CloudConvertは208種類の形式に変換できる便利なサイトです。
テキストや画像、音声、動画など、様々な形式のファイルを無料で変換できます。

アプリケーションではなくブラウザで使えるので、パソコンの機種に関係なく使えるのがいいですね。

CloudConvertはMacで動画をwmvに変換することも可能です。

ここでは、動画の変換に限定して使い方を説明します。

対応する動画形式

Cloudconvertは下記の動画形式に対応しています。
これだけ対応していれば困ることはないでしょう。

3g2 3GPP2 file format
3gp 3GP Multimedia File
3gpp 3GP Multimedia File
avi Audio Video Interleave
cavs CAVS
dv Digital Video File
dvr Microsoft Digital Video Recording
flv Flash Video
gif Graphics Interchange Format
m2ts Blu-ray BDAV Video File
m4v MPEG-4 Video File
mkv Matroska file
mod MOD
mov Apple QuickTime Movie
mp4 MPEG-4 Part 14
mpeg Moving Pictures Experts Group
mpg Moving Pictures Experts Group
mts AVCHD Video File
mxf Material Exchange Format
ogg Ogg Vorbis Compressed Audio File
rm RealMedia file
rmvb RealMedia Variable Bitrate
swf Macromedia Flash (SWF)
ts Video Transport Stream File
vob Video Object File
webm WebM Video File
wmv Windows Media Video
wtv Windows Recorded TV Show

CloudConvertの制限事項

CloudConvertは無料で変換できますが、制限があるので注意が必要です。

  1. 【無料】無登録で使用
    ひとつのファイルにつき、1日10分のコンバート時間 容量100MBまで
  2. 【無料】ユーザー登録して使用
    ひとつのファイルにつき、1日25分のコンバート時間 容量1GBまで
  3. 【8$】購入して使用
    ひとつのファイルにつき、5時間のコンバート時間 容量制限なし

動画は容量が大きい場合が多いので、無料ユーザー登録をしておきましょう。
右上のSign Upから登録します。

容量・機能によって無料・有料のサービスがある

容量・機能によって無料・有料のサービスがある

無料登録は名前とパスワードを入れるだけですが、SNSのアカウントで簡単に登録可能です。
私はTwitterのアカウントでログインしました。

cloudconvert3

左の項目に名前、パスワード、メールアドレス、コードを入力するだけ。右の丸ボタンがSNSログイン

cloudconvert4

Twitterのアカウントでも簡単にログインできる。FacebookやGoogle+からも利用可能

CloudConvertの使い方

ClondConvertの使い方は簡単です。

【1】ファイルを選択する

「Select files」のボタンを押し、ファイルを選択します。

cloudconvert5

右の三角のボタンから、URL、Dropbox、Googleドライブからも追加可能です

【2】select output formatに動画が追加されているのを確認

ファイルを選択すると、下記のように動画が画面に追加されます。
右のメニューから変換したい動画形式を選んでください。

ここをクリックすると、audio、image、videoの選択メニューが出ます。

ここでは、wmvを選択してみます。

今回はVideo→wmvを選択しました

元の動画形式、変換後の動画形式が下記のように表示されますので、確認して下さい。

元のファイル形式、変換後のファイル形式が表示されて、変換可能となる

【3】最後に右上のStart Conversionのボタンを押して変換開始

cloudconvert9

左のチェックボタンで、完了をメール通知したり、保存先をDropboxにもできる

変換中は下記のようにステータスバーが表示されます。

変換中のステータスバー

30秒=59MBのファイルは3分程度ちょっとで変換完了しました。

完了すると、ステータスバーがグリーンに変わってFINISHEDと表示される

右のDownloadボタンからダウンロードすることができます。

画質の設定

さて、最大の問題は画質です。

Cloudconvertのデフォルトの設定では、動画のビットレートは1024kbpsになっています。
元動画の画質は16000kbpsでした。
つまりビットレートで言えば、約1/16に圧縮されていることになります。

上が元素材、下が変換後の動画のキャプチャになります。

flower-original

元素材(mp4)のビットレートは16000kbps【画像クリックで拡大】

あいう

変換後(wmvのビットレートは1024kbps)【画像クリックで拡大】

正直、デフォルトの画質はだいぶ厳しいといったところです。
ひとまず簡易確認用としては、使えなくもないというところでしょうか。

select output formatの、スパナマークのボタンで画質を設定することができます。

cloudconvert20

スパナマークで詳細設定

詳細設定画面

デフォルトではビットレートが1024kbpsになっています。

cloudconvert21

詳細設定画面

Video Bitrateのバーを右いっぱいまで動かします。
5088kbpsまで画質を上げることができます。

cloudconvert22

プルダウンメニューからプリセットされた設定も選べます

ggg

5088kbpsで変換したもの【画像クリックで拡大】

5088kbpsでなんとか見られる画質になったでしょうか。
業務で使うには厳しいかもしれませんが、確認用、個人用には使えますね。

ぜひブックマークしておいてください。

ビデオカメラのmtsも変換できるので便利!

この記事を書いた人:miya

映像ディレクター/ビデオグラファーとして活動しています。企画から撮影編集まで、映像のことならなんでもこなします。撮影・監督した短編映画が海外映画祭で上映されました。お仕事のご依頼は宮部映像事務所まで。

ブラウザで動画変換 CloudConvertの使い方
この記事をお届けした
とるつなぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. サイトだけでもできます。

    大変勉強になりました。

    ありがとうございます