ザ・ウォークの綱渡りシーンは街の方がCGだった!

ただ今公開されてるロバート・ゼメキス監督の『ザ・ウォーク』ですが、ビジュアルエフェクトのメイキングが公開されています。

これ、綱渡りをグリーンバックで撮影して、実写の街並みに合成したのかと思っていたら、街並みそのものがCGだったという・・・。

確かにマッチングを考えるとその方が効率的。

ぜひ見てみてください。

主演のジョセフ・ゴードン=レビットは本当にいい俳優ですよね〜

この記事を書いた人:miya

映像ディレクター/ビデオグラファーとして活動しています。企画から撮影編集まで、映像のことならなんでもこなします。撮影・監督した短編映画が海外映画祭で上映されました。お仕事のご依頼は宮部映像事務所まで。

ザ・ウォークの綱渡りシーンは街の方がCGだった!
この記事をお届けした
とるつなぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告