Adobe製品でDVDやブルーレイのマスタリングが出来なくなる

macos-sierra

9月21日、MacOSの新しいバージョンSierraがリリースされます。

このSierraから、Java6をサポートしなくなるため、Adobe CSシリーズが動かなくなります。
Adobe Encoreを使ってDVDやブルーレイのマスタリングをしている映像制作者は注意が必要です。

Adobe Encore CS6の終焉

Adobe Encoreは、ディスクのマスタリングをするソフトウェアですが、Adobeにとって(Appleにとっても)DVD、ブルーレイは旧メディアという認識のため、現在はEncoreの開発を中止しています。

そのためか、Encoreは現在単体インストーラーがなく、Creative Cloudのインストーラーから「以前のバージョン」を選択し、Premiere CS6をインストールしておまけのようにくっついてくるような状況でした。

ただ、私たち映像制作業者にとっては、未だにDVD納品ということが頻繁にあって、Encoreは今も「絶対にないと困る」ソフトウェアのひとつです。

CapitanはCS6対応の最後のOS

Adobe Encoreを使用している人は、Sierraには絶対にアップデートしないこと。

また、念のため、Java6対応の最後のバージョンである、Capitanのインストーラーをダウンロードしておくことをおすすめします。

https://itunes.apple.com/jp/app/os-x-el-capitan/id1018109117?mt=12

capitan

この記事を書いた人:miya

映像ディレクター/ビデオグラファーとして活動しています。企画から撮影編集まで、映像のことならなんでもこなします。撮影・監督した短編映画が海外映画祭で上映されました。お仕事のご依頼は宮部映像事務所まで。

Adobe製品でDVDやブルーレイのマスタリングが出来なくなる
この記事をお届けした
とるつなぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告