The Monthly Film Festivalに、”duet.”のレビューが掲載されています

映画制作
この記事は約4分で読めます。

※この記事は過去ブログより転載された記事です。

オフィシャルセレクションに選出されたThe Monthly Film Festivalに、”duet.”のレビューが掲載されています。

——————-

A man is  looking for a woman he doesn’t know and has never met; they both search for each other, they dream about each other, they dance through emotions together, resonating in each other’s imaginary projection and reaching after the intangible.

Katsuyuki Miyabe’s ‘Duet.’ is a delirious choreography of feelings and desires, of dreams versus reality. ‘Duet.’  is a highly poetic film ‘designing’ verses through highly stylised movement. Katsuyuki Miyabe’s main characters are in fact feelings revealed and shaped through dance. The protagonists become puppets of their own yearnings, they are – one for the other – malleable like water,  indispensable like air.

‘Duet.’ is a mute elocution about the pre-existing feelings for the yet unrevealed consignees. Laws of attraction find themselves on the sheer existence of the attracted sides. Their origin lays its roots in imagination: it is where the dance, the search… the discovery begins. By the time everything gets revealed in reality the best part might have already been consumed in one’s imagination.

Director Katsuyuki Miyabe chooses choreography, music and cinematography as his main weapons on his poetic quest. His silent steps among words reward the viewer with unique emotions so hard to define but so familiar at the same time.

A truly unique cinematographic journey!

男は会ったことのない知らない女を探している。二人はお互いを求め、お互いを夢見る。心の中で一緒に踊る。
架空の相手と共鳴し、触れることのできない相手に手を伸ばす。

宮部勝之監督の「duet.」は、非常に様式化された演技によって詩情が綴られた作品となっており、夢と現実の狭間で感情と欲求が錯乱した状態を描写している。実際、宮部勝之監督が用いる登場人物は、踊りによって形作られた感情そのものであるように感じられる。二人の主人公は、自らの憧れる気持ちに操られ、お互いが水のように溶け合い、空気のように無くてはならない存在になってゆく。

「duet.」は、相手が誰なのかを知る前からその相手に対して抱いている気持ちを無声で語っている。そこでは、引き寄せられる側の存在そのものの中に引き寄せの法則が見出される。この法則は空想が作り出したものであるが、そこにおいて踊りや探求、また発見が繰り広げられる。現実に引き戻された時には、それらはほとんど空想の中で燃え尽きているのかもしれない。

この作品で、宮部勝之監督はコレオグラフィー、音楽、シネマトグラフィーを主な武器に用いて独自の詩的探求を行っている。彼の無声の語り口は、観客に言いようのない独特な感情を抱かせながら、なぜか馴染みのあるもののような印象を与える。

非常に独特なシネマトグラフィーを用いた作品!

(翻訳:巣山賢太郎/tarinainanika)

タイトルとURLをコピーしました